結婚式をお考えのあなたへ~結婚式に関する様々なお話~

婚約指輪の選び方

婚約指輪は、結婚を誓い合った証として新郎が新婦に贈ることが一般的とされていました。しかし昨今のプロポーズ事情も変化しており、新婦から新郎へのプロポーズが増えたり、子どもができたことによって結婚を決める新郎新婦も増えてきています。 そのため、新婦へのプレゼントという性質よりも、新郎と新婦が二人で選ぶ婚約の証という意味合いが強いです。 従来であれば大きなカラットの指輪で値段や価値の高いものがもてはやされました。しかしながら現在では日常使いしたい人も増えていますので、結婚指輪と重ねづけすることができるリングですとか、日常使いができるシンプルなものを選ぶ新郎新婦も増えてくるなど、多角化する傾向にあります。

婚約指輪を贈る際は、相手の意向を確認しておく必要があります。新郎一人で選ぶ場合は特に注意が必要です。ジュエリーにこだわる人であったら好きなブランドがありますし、サイズ直しが不可能なデザインがありますのでそのようなものを選ばないように気を付けます。 婚約指輪を新郎と新婦の二人で選ぶ場合は、あらかじめどのようなものをプレゼントしたいかということと予算を明確にしておくことです。さまざまな価格帯のものがありますので、予算を明示するとジュエリーショップの方も勧めやすいです。 婚約指輪について素材やデザインも多角化してきています。事前に結婚雑誌などで自分たちが選びたいものをイメージしておくことで、実際に選ぶ際はスムーズに進みます。