結婚式をお考えのあなたへ~結婚式に関する様々なお話~

和装で結婚式

憧れの和装、成人式の思い出

もう何年も前のことになりますが、成人式は振袖で行きました。前年から選び、自分用に仕立ててもらい、とても嬉しかった記憶は、今でも鮮明に残っています。それまで和装の経験は七五の時だけでしたが、年齢の割りには和装への興味は強くありました。 折角の振袖を、少しでも多く着られるように、また記念に残るように、母が言うにはお見合いすることになった時に写真を使えるようにと、成人式とは別に写真を前撮りしました。自分だけが撮影されることが恥ずかしくもあり、モデルの気分を少し味わえて楽しかったです写真館の帰りには、祖母の家に振袖を見せに行きました。とても喜んでもらった上に、ゆっくりと時間を過ごせたので、前撮りして良かったと思いました。

前撮りから着物好きに

子供の入学式も和装で行きましたし、年に数回しか着ていませんが、着物が好きです。 自分の中で、着物を着たしっかりとした記憶は、成人式の前撮りの時でした。和装には興味があったものの、着苦しいものだと思って部分もあったのですが、前撮りの時に、振袖を着付けてもらうと、苦しくも無く、着崩れることもなく、とても快適に過ごせたのです。ますます和装の魅力に惹かれるようになりました。 もちろん、もう振袖のような華やかな物は着ませんが、成人式で振袖を着たことで、こんなにも着物が好きになり、付き合いが長くなるとは思ってもいませんでした。成人式を迎える女の子には、敬遠せずに振袖を着て、着物の魅力を知る切っ掛けになって欲しいです。