結婚式をお考えのあなたへ~結婚式に関する様々なお話~

ウェディングドレスについて

結婚式で花嫁に着用される衣装

結婚式では、チャペルなど洋式で行う場合にはウエディングドレスが着用されています。純潔やあなたの色に染まるという意味があることから真っ白なドレスが利用され、靴やアクセサリー、ベールやグローブ、ブーケなどの小物に至るまで全てを白で統一されるのが一般的です。 ドレスは既製品やオーダーメイドなどで購入することもできますが、今後使用する用途もなく娘に着てもらいたいと考えていてもその時代になれば流行も変わってしまうものであり、レンタルで使用されるのが一般的です。 神社での和式の結婚式では、ウエディングドレスではなく着物でもある白無垢が着用されます。女性にとっては子供のころからウエディングドレスに憧れを抱いているという人もおり、挙式ではウエディングドレスを着用できなくても披露宴で着用されることもあります。

ウエディングドレスのデザインについて

ウエディングドレスは白一色と言ってもさまざまなデザインがあり、ドレスラインと呼ばれるシルエットによって分類されます。 多くの人に利用されているAラインは、ドレスのスカート部分の外側のラインがアルファベットのAの形をしていることから呼ばれており、プリンセスラインはスカート部分がウエストからふんわりと広がった形を指しています。さらに鐘のようにウエストから大きく広がっているスカートであればベルラインと呼ばれることもあります。どれも下半身をカバーするので誰にでも似合うウェディングドレスの形でもありますが、スタイルに自信があるのであればマーメイドラインが適しています。人魚のシルエットのように上半身から太ももまではタイトで、裾まで広がるスカートは人魚の尾のような形をしています。自分の体型に合わせてウエディングドレスを選択するといいでしょう。